タグ: QML

Qt Quick Ultralite の API の概要

Qt for MCU 向けに開発された、Qt Quick のランタイムで利用可能な C++ の API のドキュメントが公開されていましたので紹介します。 Qul::Items::QtObject C++ で QML のエレメントを生成するための基底クラスです。 public か...

QtQuick の ListView.onAdd は Attached Signal

QtQuick の ListView.onAdd は Attached Signal

onAdd のドキュメント ですが、ListView のドキュメントの中の「Attached Signal Documentation」というセクションにあります。 Attached と書いてある場合は、通常のプロパティやシグナルではなく、そのエレメントの子エレメント(や子となる...

QML のソースのハイライトに対応

QML のソースのハイライトに対応

ブログに QML のソースファイルをアップロードして、ハイライトして表示できるように対応しました。 地道に解析をするコードを JavaScript で頑張って書いて、サーバーサイドで動かしているのでクライアント側の無駄な負荷とか遅延はないはず。 import QtQuick 2....

FolderListModel は内部でスレッドを使っている

FolderListModel は内部でスレッドを使っている

FolderListModel は Qt 4 の時代から実験的に使うことができる QtQuick のエレメントで、以下のように指定されたフォルダを走査してファイルの一覧を取ってくるのに使うことができる。 import QtQuick 2.0 import Qt.labs.fold...