Qt 5.13 のウェブセミナーに参加しました

Qt 5.13 がリリースしたのを受けて 7/2 に開催された、New in Qt 5.13 & Qt Design and Development Tools Update というウェブセミナーに参加しました。

複数の製品の開発とリリースサイクルの同期

Qt, Qt Creator と、2つのデザインツール Qt Design Studio、Qt 3D Studio は現在それぞれの開発ペースに応じてリリースをしていますが、今年中にリリースのサイクルを合わせるとのことでした。

11月から12月にかけて、4つの製品を近いタイミングでリリースし、同期させるとのことです。

また、Qt Creator をベースにデザイナーが使いやすいツールとして開発している Qt Design Studio と、元々 NVIDIA が開発していたものがベースの Qt 3D Studio という2つのデザインツールを、年末をめどに一元化する予定ということでした。

開発、デザインツール

Qt Creator 4.9

  • ECMA Script 7 をサポート
  • Perf によるプロファイリングのサポート。ローカルマシンでもリモートマシンでも使えます

Qt Design Studio 1.2

  • Photoshop と Sketch からのインポートに対応(商用版のみ
  • タイムラインベースのアニメーションをサポート
  • カスタマイズ可能なビジュアルエフェクト
  • ライブプレビュー機能

Qt 3D Studio 2.4

  • 3D Scene Editor
  • Asset Import 対応
  • 3D エンジンを直接 OpenGL を利用するものに変更
  • パフォーマンスが改善された
  • 動的なオブジェクトの生成に対応
  • バーテックスシェーダーによる動的な変更に対応
  • ランタイムの比較 2.3 に比べて倍以上の描画性能になった
  • CPU使用量もかなり削減できた
  • メモリの使用量も15~20%程度削減できた

Qt 5.13

Qt for WebAssembly の正式対応

5.12 でテクニカルプレビューだったのを正式対応に。Qt のプログラムを WebAssembly 向けにビルドをして、ブラウザ上で動かせるようになりました。

マ ジ で ク ロ ス プ ラ ッ ト フ ォ ー ム !

Qt for Python

Python 向けのフルバインディング。

最近アクティブに開発をしている。

Qt Core と Qt Network

  • シグナル発生のコストが半分くらいになった。
  • zstd に対応し、リソースの圧縮率が高くなった
  • Windows で Secure Channel に対応

Qt GUI

  • バグの修正や改善がたくさん。
  • QImage の変換が程コストでできるように
  • ASTC 圧縮テクスチャ の対応

Qt QML

  • C++ で宣言した enum の利用を改善
  • JavaScript の null のバインディングを高速化

Qt Quick

  • 大量のバグフィックス
  • SplitView の追加
  • TableView で行や列を隠せるように

Qt 3D

  • OpenGL テクスチャのインポート・エクスポートに対応
  • glTF 2.0 のインポートに対応

Qt WebEngine

  • Chromium 73 ベースにアップデート
  • クライアントサイドの証明書の保持に対応
  • PDF の表示に対応
  • 通知の API に対応
  • スレッドセーフな URL インターセプトに対応

Qt Multimedia

  • 動画のギャップレス再生に対応
  • Windows と macOS でも GStreamer を利用可能に
  • 環境変数で、バックエンドのプラグインを選択可能に
  • PulseAudio で環境変数でチャンネルマップを指定可能に

Qt Lottie(TP)

  • After Effects のアニメーションを再生可能に
  • CPU 描画のため、小規模なアニメーションの利用を推奨
  • 5.14 か 5.15 で正式対応にしたい

引退したモジュールについて

  • Qt Script, Qt Quick Controls 1, Qt XmlPatterns は TQC はもうメンテはしない
  • ソースコードは利用可能で、コミュニティベースの開発に移行
  • Qt Canvas 3D はモジュール自体を削除した

Qt for Automation

MQTT, KNX 対応に加え、OPC UA や CoAP 対応などを進め、産業向け、IoT 分野に進出するための技術が揃いつつある。

Qt OPC UA

  • クライアント側の対応が進んでいる
  • 複数のバックエンドに対応
  • basysKom というパートナーによる貢献

Qt CoAP(TP)

  • 開発が進んでいる

まとめ

半年ほど前に安定版の 5.12 LTS が無事出て、実験的、挑戦的な機能が多く入るかと思われた 5.13 ですが、開発のリソースをツール側に振ったせいか(はわかりませんが)予想以上に地味なリリースとなっています。

みんな、大丈夫?ガンバレ?

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。