Qt 5.13 がリリースされました

Qt Blog にて、Qt 5.13 のリリースがアナウンスされました。

Qt のウェブサイトにも Meet Qt 5.13 というリリースページが作成されています。

Qt for WebAssembly

Qt 5.11 で Technology Preview、Qt 5.12 LTS で TP2 だった WebAssembly がとうとう正式サポートプラットフォームになりました。

Qt Examples for WebAssembly のページでデモを体験することができますので、ぜひ試してみてください!

Qt Quick Controls 2

新たなエレメントとして SplitView が追加されています。

それから、Qt 5.12 で導入された icon プロパティ にキャッシュの機能が追加され、以下のように記述ができるようになっています。

 icon.cache: true // デフォルト

Qt Multimedia

VideoOutputflushMode というプロパティが追加され、ギャップレス再生が可能になったようです。

また、Windows と macOS でも gstreamer のバックエンドが使えるようになりました。

Qt Lottie(Technical Preview)

airbnb が開発をしている Lottie の QML 版 QtLottie アドオンモジュールがテクノロジープレビューとして追加されました。

Example1

ちなみに、このモジュールが The Qt Company から提案された際に、「KDE でもすでに 同じもの を作ってるよ。しかもうちらのは LGPLv2 で使えるようにしてるし」ってチャチャが入ったとかなんとか。

とにかく、いつもより素敵な UI が作れそうですね!

Qt XmlPatterns の廃止

新機能があれば、消えていく機能もあります。

Qt XmlPattens モジュールは今回の Qt 5.13 で、deprecated となりました。

その他

KNX, OPC UA, CoAP など、Automation 系の機能が充実してきていますので、興味がある方はチェックしてみてください。

5.13 では、Qt 自体の開発よりも、Qt Design Studio などのツールに力を入れたということで、いつもより新機能の少ないリリースとなりました。

年末にリリースを予定している Qt 5.14 もお楽しみに!!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。