tQCS を退職しました

ほぼ一年前に The Qt Company を退職 して以来、アジアで Qt のコンサルビジネスを行っている tQCS という会社が、グローバルなQt のパートナーでスウェーデンに本社を置く KDAB と、日本の Qt のパートナーの SRAISB と一緒に設立した tQCS 日本法人に入社し、色々な仕事をしてきました。

それ以来、紆余曲折があり、今年の11月末に開催した株主総会で、その日本法人を畳むことが決定し、11月末を持って退職することになりました

そもそもどうして入ったの?

The Qt Company の、特に日本での無茶苦茶なビジネスのやり方に納得が行かなかったのが一番の理由で、そのような会社の一員としてその会社のために働くことに耐えられなくなったからです。

前述の通り、tQCS の日本法人は Qt のパートナーが合同で作った会社で、小さな会社ではありましたが、そのユニークな立場から日本の Qt をお使いのみなさんに何かしらの貢献ができたらいいなと思って入社しました。

ここ一年なにをしていたの?

前半は割と自由にしていました。

AGL の Instrument Cluster 系のミーティングに参加して初期の設計のアイデアの話し合いとかをしていました。

KDAB の 3D のソリューションの Kuesa 3D Studio の勉強とかもしていました。

春ころはヒマだったので、Qt のビルドのバグを大量に修正 したり、Qt Creator に新しい機能を追加 したりしていました。

後半は会社の雲行きが怪しくなってきていたため、SRA さんや ISB さんなどからいただいた仕事をなるべくするようにしていました。

Qt って、日本でも色んなところで色んな使われ方がされてるなーと言うことを学びました。

古の Qt 4 に新機能を追加したり、次世代の Qt 6 の一部となるコードをいじったり、楽しい一年でした。

これからどうするの?

新しい就職先を探そうと思っています。オススメの職場がありましたら是非ご紹介ください。

無事新天地が見つかるまでは、フリーランスとしてみなさんのプロジェクトのお手伝いもしていこうと思っています。Qt 関係のプロジェクトでお困りの際や、開発のお手伝いが必要な際はご相談ください。