QtQuick の import のデバッグは QML_IMPORT_TRACE=1 で

import なんとか 1.0

がなんか動かないことありますよね。この場合まず環境変数「QML_IMPORT_TRACE」に値をセットすることで内部的な処理(どのプラグインを読み込んでいるのか、どのエレメントをどう解決しているのかなど)をデバッグ出力することができます。

よく忘れるのでメモでした。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。