Qt 5 の未来は明るいブログ

ドキュメントから見る Qt 5.1 の新 API

Published: 2013-04-14 / Last modified: 2013-04-18

Qt のソースの中の qtbase から "\since 5.1" という文字列を検索し、Qt 5.1 で追加された API の一覧を作ってみました。

Qt 5.1 の新機能は New Features in Qt 5.1 にまとまっていますが、細かいところで変わっている API がいくつかありますね。

bool qEnvironmentVariableIsEmpty(const char * varName)
引数で渡された名前の環境変数が空かどうかを判定します
bool qEnvironmentVariableIsSet(const char * varName)
引数で渡された名前の環境変数が設定されているかどうかを判定します
bool qunsetenv(const char * varName)
引数で渡された名前の環境変数を削除します
Q_GLOBAL_STATIC( Type, VariableName)
グローバルでスタティックなインスタンスを生成します
Q_GLOBAL_STATIC_WITH_ARGS( Type, VariableName, Arguments)
グローバルでスタティックなインスタンスをコンストラクタの引数を指定して生成します
QGlobalStatic Class
グローバルでスタティックなインスタンスを扱うためのクラスです
bool QAbstractFileEngine::syncToDisk()
(internal)
bool QAbstractFileEngine::renameOverwrite(const QString &newName)
(internal)
QDebugStateSaver Class
QDebug 状態を一時的に保存するクラス
bool QFSFileEnginePrivate::nativeSyncToDisk()
(internal)
bool QFSFileEnginePrivate::nativeSyncToDisk()
(internal)
QLockFile Class
ロックファイルを使用したプロセス間で使えるロック機能
void QProcess::start(OpenMode mode = ReadWrite)
以下の setProgram() と setArguments() と組み合わせて使う
void QProcess::setProgram(const QString & program)
実行するプログラムを設定する
void QProcess::setArguments(const QStringList & arguments)
実行時の引数を設定する
QSaveFile Class
一時ファイルを使用し、安全にファイルを保存するクラス
QStringList QUrl::toStringList(const QList<QUrl> & urls, FormattingOptions options = FormattingOptions( PrettyDecoded )) [static]
QUrl のリストを QString のリストに一括変換する静的メソッド
QList QUrl::fromStringList(const QStringList & urls, ParsingMode mode = TolerantMode) [static]
QString のリストを QUrl のリストに一括変換する静的メソッド
Q_COREAPP_STARTUP_FUNCTION(QtStartUpFunction ptr)
QCoreApplication のコンストラクタから実行する関数を追加する
float qDegreesToRadians(float degrees)
度をラジアンに変換する関数
double qDegreesToRadians(double degrees)
度をラジアンに変換する関数
float qRadiansToDegrees(float radians)
ラジアンを度に変換する関数
double qRadiansToDegrees(double radians)
ラジアンを度に変換する関数
int QMetaMethod::revision() const
Q_REVISION で指定された整数を返す、5.1 以前は internal だった
int QMetaProperty::revision() const
REVISION で指定された整数を返す、5.1 以前は internal だった
QHash::QHash(std::initializer_list<std::pair<Key, T> > list)
初期化リストを使用するコンストラクタ
QMultiHash::QMultiHash(std::initializer_list<std::pair<Key, T> > list)
初期化リストを使用するコンストラクタ
short QLocale::toShort(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
ushort QLocale::toUShort(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
int QLocale::toInt(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
uint QLocale::toUInt(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
qlonglong QLocale::toLongLong(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
qulonglong QLocale::toULongLong(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
float QLocale::toFloat(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
double QLocale::toDouble(const QStringRef & s, bool * ok = 0) const
QStringRef 版
QMap::QMap(std::initializer_list<std::pair<Key, T> > list)
初期化リストを使用するコンストラクタ
iterator QMap::insert(const_iterator pos, const Key & key, const T & value)
オーバーロード
iterator QMap::insertMulti(const_iterator pos, const Key & key, const T & value)
オーバーロード
QMultiMap::QMultiMap(std::initializer_list<std::pair<Key, T> > list)
初期化リストを使用するコンストラクタ
QMap<Key, T>::iterator QMultiMap::insert(QMap<Key, T>::const_iterator pos, const Key & key, const T & value)
オーバーロード
QRect の QMargins 関連のメソッド
QMessageAuthenticationCode Class
HMAC のサポート
int QPoint::dotProduct(const QPoint & p1, const QPoint & p2) [static]
ドット積
qreal QPointF::dotProduct(const QPointF & p1, const QPointF & p2) [static]
ドット積
QStringList QRegularExpression::namedCaptureGroups() const
キャプチャグループの名前のリスト
QRegularExpressionMatch::QRegularExpressionMatch()
空のコンストラクタ
QRegularExpressionMatchIterator::QRegularExpressionMatchIterator()
空のコンストラクタ
QSharedPointer<T> QSharedPointer::create() [static]
メモリのフラグメンテーションを防ぐようにインスタンスを生成する静的メソッド
QSharedPointer<T> QSharedPointer::create(...) [static]
オーバーロード
bool QString::contains(const QRegularExpression & re, QRegularExpressionMatch * match) const
オーバーロード
QStringRef QStringRef::trimmed() const
QStringRef 版
qlonglong QStringRef::toLongLong(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
qulonglong QStringRef::toULongLong(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
long QStringRef::toLong(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
ulong QStringRef::toULong(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
int QStringRef::toInt(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
uint QStringRef::toUInt(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
short QStringRef::toShort(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
ushort QStringRef::toUShort(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
double QStringRef::toDouble(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
float QStringRef::toFloat(bool * ok = 0, int base = 10) const
QStringRef 版
void QVector::removeFirst()
最初の要素を削除
void QVector::removeLast()
最後の要素を削除
QDBusVirtualObject Class
D-Bus の複数のパスをまとめて扱うためのクラス
QPixmap QIcon::pixmap(QWindow * window, const QSize & size, Mode mode = Normal, State state = Off) const
オーバーロード
QSize QIcon::actualSize(QWindow * window, const QSize & size, Mode mode = Normal, State state = Off) const
オーバーロード
QRectF QInputMethod::inputItemRectangle() const
入力対象の矩形を取得
void QInputMethod::setInputItemRectangle(const QRectF & rect)
入力対象の矩形を設定
QList<QKeySequence> QKeySequence::listFromString(const QString & str, SequenceFormat format = PortableText) [static]
文字列から QKeySequence のリストを生成する
QString QKeySequence::listToString(const QList<QKeySequence> & list, SequenceFormat format = PortableText) [static]
QKeySequence のリストから文字列を生成する
QOffscreenSurface Class
プラットフォームのオフスクリーンサーフェス
QOpenGLVersionProfile Class
OpenGL のバージョンとプロファイル
QIconEngine *QPlatformTheme::createIconEngine(const QString &iconName) const
QIcon::fromTheme() から呼ばれ、QIconEngine を返す
enum QWindow::Visibility
ウィンドウの状態
QWindow::Visibility QWindow::visibility Property
ウィンドウの状態
qreal QWindow::opacity Property
ウィンドウの不透明度
Qt::ScreenOrientation QWindow::contentOrientation Property
ウィンドウ内のコンテンツの向き
int QWindow::minimumWidth Property
ウィンドウの幅の最小値
int QWindow::minimumHeight Property
ウィンドウの高さの最小値
int QWindow::maximumWidth Property
ウィンドウの幅の最大値
int QWindow::maximumHeight Property
ウィンドウの高さの最大値
float QVector2D::distanceToPoint(const QVector2D & point) const
自分自身からある点までの距離を求める
float QVector2D::distanceToLine(const QVector2D & point, const QVector2D & direction) const
自分自身からある線分までの距離を求める
float QVector3D::distanceToPoint(const QVector3D & point) const
自分自身からある点までの距離を求める
QOpenGLDebugMessage Class
OpenGL のデバッグメッセージのラッパクラス
QOpenGLDebugLogger Class
OpenGL のデバッグメッセージのログを取るクラス
QOpenGLFunctions_1_0 Class
OpenGL 1.0 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_1_1 Class
OpenGL 1.1 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_1_2 Class
OpenGL 1.2 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_1_3 Class
OpenGL 1.3 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_1_4 Class
OpenGL 1.4 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_1_5 Class
OpenGL 1.5 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_2_0 Class
OpenGL 2.0 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_2_1 Class
OpenGL 2.1 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_3_0 Class
OpenGL 3.0 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_3_1 Class
OpenGL 3.1 のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_3_2_Core Class
OpenGL 3.2 Core のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_3_2_Compatibility Class
OpenGL 3.2 Compatibility のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_3_3_Core Class
OpenGL 3.3 Core のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_3_3_Compatibility Class
OpenGL 3.3 Compatibility のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_0_Core Class
OpenGL 4.0 Core のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_0_Compatibility Class
OpenGL 4.0 Compatibility のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_1_Core Class
OpenGL 4.1 Core のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_1_Compatibility Class
OpenGL 4.1 Compatibility のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_2_Core Class
OpenGL 4.2 Core のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_2_Compatibility Class
OpenGL 4.2 Compatibility のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_3_Core Class
OpenGL 4.3 Core のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_4_3_Compatibility Class
OpenGL 4.3 Compatibility のすべての機能を提供します
QOpenGLFunctions_ES2 Class
OpenGL ES 2 のすべての機能を提供します
QOpenGLTimerQuery Class
OpenGL の Timer Query の機能を提供します
QOpenGLTimeMonitor Class
OpenGL の時間計測の機能を提供します
QAbstractOpenGLFunctions Class
QOpenGLFunctions_* の基底クラス
QOpenGLVertexArrayObject Class
OpenGL の Vertex Array Object(VAO) の機能を提供します
QOpenGLVertexArrayObject::Binder Class
OpenGL の Vertex Array Objects のバインディングを簡単にします
QSupportedWritingSystems QPlatformFontDatabase::writingSystemsFromTrueTypeBits(quint32 unicodeRange[4], quint32 codePageRange[2])
(internal)
enum QRawFont::LayoutFlag
フォントの描画間隔調整のための列挙型
QVector<QPointF> QRawFont::advancesForGlyphIndexes(const QVector<quint32> & glyphIndexes, LayoutFlags layoutFlags) const
それぞれのグリフの間隔を計算します
bool QRawFont::advancesForGlyphIndexes(const quint32 * glyphIndexes, QPointF * advances, int numGlyphs, LayoutFlags layoutFlags) const
それぞれのグリフの間隔を計算します
QRegularExpressionValidator Class
正規表現の妥当性チェッカー
void QNetworkAccessManager::encrypted(QNetworkReply * reply) [signal]
TSL/SSL のハンドシェイクが終わった際に発生するシグナル
void QNetworkReply::encrypted() [signal]
TSL/SSL のハンドシェイクが終わった際に発生するシグナル
void QLocalSocket::connectToServer(OpenMode openMode = ReadWrite)
setServerName 指定されたサーバーに接続します
void QLocalSocket::setServerName(const QString & name)
サーバー名を設定します
QList<QSslCertificate> QSslConfiguration::localCertificateChain() const
ハンドシェイクに使用する証明書チェーンを取得します
ハンドシェイクに使用する証明書チェーンを設定します
void QSslSocket::setLocalCertificateChain(const QList<QSslCertificate> & localChain)
ハンドシェイクに使用する証明書チェーンを設定します
QList<QSslCertificate> QSslSocket::localCertificateChain() const
ハンドシェイクに使用する証明書チェーンを取得します
QString QPrinter::paperName() const
プリンターの用紙名を取得します
void QPrinter::setPaperName(const QString & paperName)
プリンターの用紙名を設定します
QList<QPair<QString, QSizeF> > QPrinterInfo::supportedSizesWithNames() const
利用可能な用紙名をサイズと共に取得します
QSqlRecord QSqlRecord::keyValues(const QSqlRecord & keyFields) const
keyFields のフィールドを含むレコードを返します
QSqlRecord QSqlTableModel::primaryValues(int row) const [protected]
指定された行の Primary Key の値を返します
Qt::TextInteractionFlags QMessageBox::textInteractionFlags Property
ダイアログ上のテキストの扱いを決める
void QGraphicsView::rubberBandChanged(QRect rubberBandRect, QPointF fromScenePoint, QPointF toScenePoint) [signal]
rubberBandRect の変更時に発生するシグナル
QRect QGraphicsView::rubberBandRect() const
ラバーバンド領域を取得します
QAction * QMenu::addSection(const QString & text)
セクションを簡単に追加するためのメソッド
QAction * QMenu::addSection(const QIcon & icon, const QString & text)
オーバーロード
QAction * QMenu::insertSection(QAction * before, const QString & text)
セクションを簡単に挿入するためのメソッド
QAction * QMenu::insertSection(QAction * before, const QIcon & icon, const QString & text)
オーバーロード
bool QMenu::toolTipsVisible Property
ツールチップを表示するかどうか