Qt 5 の未来は明るいブログ

Qt 5.1 アルファ版

Published: 2013-04-09 / Last modified: 2013-04-09

2013年4月8日、The Qt BlogQt 5.1 アルファ版のアナウンス がありました。

Qt 5.1 のアルファ版がダウンロードはこちらから

Qt 5.1 のアルファ版に関する不具合を見つけた場合には、バグレポート をよろしくお願いします。

Android & iOS

Qt 5.1 では Android と iOS のサポートが追加されました。すべての qtbase の機能(Core, Gui, Network 等)が実装され、Qt Quick は Android 上で動作するようになっています。また、センサー類にも対応しています。

Multimedia 一部機能が未実装であったり、iOS 上では Qt Quick が動作しないなど、制限事項もいくつかあります。ツール類は現在対応中で、Qt Creator から開発のすべてを行えるようにはまだなっていません。

昨年にアナウンスしたとおり、Android と iOS の正式なサポートは Qt 5.2 で行うことになりますが、Qt 5.1 を使って開発をはじめることができるようになっています。

Qt Quick Controls


やっと、Qt Quick でクロスプラットフォームのコントロールが使えるようになりました。元々 Desktop Components と呼ばれていたものが、Qt Quick Controls という名前になり、ボタンやレイアウト、メニューやツールバー、ダイアログや高レベルなナビゲーション用のコントロールなどを使用したユーザーインターフェースが簡単に作れるようになりました。

これらのコントロールは、プラットフォームに応じて最適なルックアンドフィールになるよう設計/実装されています。

現在は、デスクトップ向けの実装のみで、タッチ端末向けの実装は Qt 5.2 で追加される予定になっています。

アドオン

Qt 5.1 ではいくつかのモジュールが追加されました。アドオンとして復活した Qt Sensors は、Android、iOS、BlackBerry 及び Mer(Sailfish) に対応しています。

シリアルポートを操作するモジュール(Qt SerialPort)や、X11 限定の機能をサポートするモジュール(Qt X11Extras) も追加されました。